クライアント事例紹介
個人情報を安全・確実に、低コストで送る社内便の形は? 
日興ビジネスシステムズ株式会社 様
家族帯同での海外赴任。不安を取り除いた支援の内容は? 
株式会社サイゼリヤ 様
クラウド型の追跡サービスを用いた「社内便改革」とは? 
全日本空輸株式会社 様
仕入れ困難な小規模事業者を支援するネット卸とは? 
国分グローサーズチェーン株式会社 様
少数精鋭で新規事業を拡大!増える決済業務をどう解決? 
ロート製薬株式会社 様
世界ブランド戦略に貢献した、包装技術と輸送管理とは? 
株式会社アシックス 様

什器のデザイン統一でグローバルにおけるブランド化推進。 
舞台裏でコストを削減、受発注を効率化した管理体制とは?

PDFで印刷(全ページ)

株式会社アシックス 様 統一した什器(じゅうき)を中国で生産して世界各国へ送る体制としたが、破損事故が多発。ムダを防ぐため、包装資材とともに物流マネジメントを刷新した。

スポーツ用品大手の株式会社アシックス様では、グローバル市場で欧米の有力メーカーに対抗するべく、ブランドイメージの統一に乗り出した。欧州、米国、日本、アジア・パシフィックに分けて管理していた販売やマーケティングを統合。什器デザインを統一し、世界中の販売店に設置することとした。調達先は生産コストが低く抑えられる中国。ただ、中国から世界各国に配送するには多くの課題があった。なかでも什器の破損事故が深刻であり、リードタイム延長、再配送によるコスト増などが発生していた。そこでヤマトグループに物流を委託。単に輸送時の破損事故を防止するというだけでなく、サプライチェーンの管理体制を高度化させることに成功した。統一仕様の什器を円滑に世界中の販売店へと送り出している現在、ブランドイメージの浸透を実感できているという。

こんな業態やビジネス展開に応用が可能!

  • グローバル企業様の受発注管理を効率化
  • 世界中の店舗イメージを統一したいメーカー様
  • 海外で調達した商品を世界各国へ納入されている企業様
クライアント企業が自ら語る。 
物流改革の舞台裏 インタビューはこちら

ビジネス課題

  • ブランドイメージの統一を図り、什器を統一。中国での調達に一元化してコスト削減。
  • しかし破損事故が多発し、世界各国の販売店がスムーズに什器を調達できない事態に。

ブランドイメージ統一のため、世界各国の店頭に置く什器を統一。生産コストを抑えるため中国で調達した。しかし世界中から届く注文への対応に課題があった。什器を生産するサプライヤーに輸出業務まで委託する方針であったが、多様な形状の什器は扱いが難しく、輸送時に高頻度で物損事故が発生。店舗のオープンに間に合わせるために、航空便で送り直すといった事態も起きた。また当然ながら、そうした再発送によりリードタイムが伸びてしまう点でも深刻であり、中国生産に一元化したコストメリットを帳消しにしてしまうものだった。


業務改善・対策

  • 改善を重ねながら物損事故を防止。
  • 調達から梱包、仕分け、発送までの物流も委託し、サプライチェーンを高度化。

雑多なサイズの貨物に対応できる硬質段ボール「トライウォール」を使って什器を梱包。これで物損事故を防止するとともに、上海の物流園区に会社を持つヤマトグループに物流作業を委託。貨物を保税の状態で、かつ外国企業の名義で保管・物流作業ができる物流園区を利用することで、中国においてアシックスの名義での貨物の荷扱いが可能となった。アシックスとして世界各国の販売会社と直接契約することで、販売会社の手間を省くとともにサプライチェーンを一元管理できる体制を確立。さらに受発注支援システムの多言語対応化、国際輸送追跡システムの連携により、サプライチェーン全体を高度化させた。


導入成果

  • 世界各国の販売会社が言語や時差のストレスなくWebで注文。受発注業務の効率化を実現。
  • システムによる管理で誤送、破損事故はほぼゼロに。世界各地への出荷が低コストで実現。

世界各国の販売会社の担当者は受発注支援システムに注文を入力した時点で、什器の値段、おおよその輸送費、着荷予定日の情報を瞬時に得られる。あとは待つだけとなった。そして什器の調達管理は、日本の本社で担当者1人が担当するだけで対応可能に。クリック1つで発注から輸送に至るまでの流れが進むため、作業量が格段に減り、正確に業務をこなせるようになった。懸案であった什器の破損、それに伴う納期遅れも現在ではほとんど起こらなくなっている。


「グローバルダイレクト」ソリューションについてくわしく見る

まずはお問い合わせください。皆様のビジネス課題を一緒に解決していきます!! 
お電話でのご相談・お問い合わせは 0120-17-8010 まで 
お電話・メールによるお問い合わせは、ソリューション・ラボがお受けします! ご相談・お問い合わせ登録フォームはこちら

クライアント事例紹介

東芝自動機器システムサービス株式会社 様
オムロン株式会社 様
株式会社東急ハンズ 様
株式会社鶴見製作所 様 米子工場
日興ビジネスシステムズ株式会社 様
株式会社サイゼリヤ 様
全日本空輸株式会社 様
国分グローサーズチェーン株式会社 様
ロート製薬株式会社 様
株式会社アシックス 様
Page Top へ

ヤマトグループについて

ヤマトグループは、全国に宅急便ネットワークを展開するヤマト運輸(株)、データセンターを含む様々なITソリューションを開発・運用するヤマトシステム開発(株)、宅急便では運べない家電・家財や機械を運搬・セッティングするヤマトホームコンビニエンス(株)、国内外の物流アウトソーシングを強みとするヤマトロジスティクス(株)、決済サービスをご提供するヤマトフィナンシャル(株)など、「情報と物流と決済」にまたがるグループ企業の強みを集約することで、クライアント企業が抱える課題を全体最適の視点で解決するソリューション提供に取り組んでいます。

お電話でのご相談・お問い合わせは 0120-17-8010 まで 
受付時間: 9:00~18:00(土・日・祝日を除く)

このWebサイトからの
ご相談・お問い合わせはこちらから