物流最前線 [クライアント事例紹介] 
課題を解決したクライアント企業が自ら語る、物流改革の舞台裏とは?

PDFで印刷(全ページ)

「社内便改革」で6000万円のコスト削減とリスク管理を両立 
個人情報を含む社内便の配送システムを全面的に刷新 
全日本空輸株式会社 様 (取材・編集 日経BPコンサルティング)


  • 00
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • (前へ) 専用リターナブル封筒も導入

Chapter-05. 
リスク管理とコスト削減を両立 
稟議書や請求書などに適用範囲も拡大

新システムではサービス利用料以外のランニングコストは、書類の発送時にバーコード付きシールを発行するのに必要な1枚当たり15円のみ。この結果、高度なセキュリティーを確保しつつ、年間6000万円のコスト削減につながった。

それだけに「社内便改革」はANAの経営層からも高く評価された。経営層を前に総務部の担当者がこの件について報告した時には、リスク管理を高度化しながら、本来なら相反するコスト削減も大幅に達成したことに対し、労(ねぎら)いの言葉をかけられたという。

堂内リーダーも、「以前より格段にトラブルが減った。さらに重要書類の送付に関しても、コストを抑えながら確実にリスクを軽減できるようになった。この2つは、システムを導入したことによる大きなメリットだ」と強調する。

適用範囲も拡大している。当初は個人情報が記載された書類だけに使用していたが、徐々に稟議(りんぎ)書や請求書などにも範囲を広げた。さらには書類という枠すら飛び越えつつある。同社は客室乗務員6000人に対して業務用のiPadを配布したが、その一部をこのシステムを使った社内便でも活用している。

(掲載内容は取材時のものです。部署名及び役職名は、現在のものと異なる場合があります)


  • 00
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • (前へ) 専用リターナブル封筒も導入
  • お電話でのご相談・お問い合わせは 0120-17-8010 まで
  • ご相談・お問い合わせ登録フォームはこちら
  • お電話・メールによるお問い合わせは、ソリューション・ラボがお受けします!

クライアント事例紹介

東芝自動機器システムサービス株式会社 様
オムロン株式会社 様
株式会社東急ハンズ 様
株式会社鶴見製作所 様 米子工場
日興ビジネスシステムズ株式会社 様
株式会社サイゼリヤ 様
全日本空輸株式会社 様
国分グローサーズチェーン株式会社 様
ロート製薬株式会社 様
株式会社アシックス 様
Page Top へ

ヤマトグループについて

ヤマトグループは、全国に宅急便ネットワークを展開するヤマト運輸(株)、データセンターを含む様々なITソリューションを開発・運用するヤマトシステム開発(株)、宅急便では運べない家電・家財や機械を運搬・セッティングするヤマトホームコンビニエンス(株)、国内外の物流アウトソーシングを強みとするヤマトロジスティクス(株)、決済サービスをご提供するヤマトフィナンシャル(株)など、「情報と物流と決済」にまたがるグループ企業の強みを集約することで、クライアント企業が抱える課題を全体最適の視点で解決するソリューション提供に取り組んでいます。

お電話でのご相談・お問い合わせは 0120-17-8010 まで 
受付時間: 9:00~18:00(土・日・祝日を除く)

このWebサイトからの
ご相談・お問い合わせはこちらから