物流最前線 [クライアント事例紹介] 
課題を解決したクライアント企業が自ら語る、物流改革の舞台裏とは?

PDFで印刷(全ページ)

海外赴任を家族ごとサポート 
急増する家族帯同赴任者の不安を解消 
株式会社サイゼリヤ 様 (取材・編集 日経BPコンサルティング)


  • 00
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • (前へ) 株式会社サイゼリヤ 様 事例TOP
  • (次へ) 家族帯同の海外赴任者が急増

Chapter-01. 
海外進出を本格化 
中国を中心にアジアへ積極的に出店

Photo

株式会社サイゼリヤ
総務部
労務課長
千代川聖 氏

イタリアンレストランチェーン大手のサイゼリヤは2011年11月に、国内外の店舗数が1000店を超えた。不況の影響で多くの有力ファミリーレストランチェーンが苦戦する中、合理的なオペレーションに裏打ちされた低価格路線で消費者の支持を拡大し、2012年8月期の連結売上高は1000億円の大台に乗る見通しだ。

同社の競争力の源泉は、食材の生産から調達・加工、そして店舗への供給に至るまでを自社でコントロールする独自のビジネスモデルにある。そのサプライチェーンの中核に位置しているのが「カミッサリー」(食品加工流通拠点)だ。生鮮食品の加工機能と物流拠点を兼ねる施設で、埼玉県、神奈川県、兵庫県の3カ所に設置している。このカミッサリーで食材の加工や下処理を可能な限り済ませることで、店舗作業の軽減と、業務の標準化による品質維持を図る仕組みだ。

ただし、同社は効率ばかりを追求しているわけではない。食材の品質にもこだわっており、例えばサラダに使うレタスなどは、野菜の鮮度を保つ上で最適の4℃に保ったコールドチェーンで生産地から店舗まで配送する仕組みを構築している。さらに海外から本物志向の食材を調達するため、2000年にはオーストラリアに自社工場を稼働させ、主力商品である「ミラノ風ドリア」のホワイトソースや、ハンバーグ、ミートソースなどの牛肉製品を生産。さらに、生ハムやチーズ、オリーブオイルなど、イタリア料理に欠かせない食材の多くはイタリアから直輸入する。

最近は海外出店にも積極的だ。2003年6月に中国の上海に現地法人(現法)を設立し、その半年後に1号店を開設した。当初は集客に苦労したが、大胆な価格戦略により、今では行列のできる繁盛店に育った。

その後、2004年に北京、2007年には広州にも現法を設立。それぞれのエリアで多店舗展開を本格化した。2008年には台湾、香港、シンガポールにも相次いで現法を設置し、海外展開を加速。現在では上海に約50店、広州に約30店、北京に約20店(いずれも2012年5月現在)など、海外店舗は合計で100を超える。当面は年間40店程度のペースで海外出店を続ける方針だ。


  • 00
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • (前へ) 株式会社サイゼリヤ 様 事例TOP
  • (次へ) 家族帯同の海外赴任者が急増
  • お電話でのご相談・お問い合わせは 0120-17-8010 まで
  • ご相談・お問い合わせ登録フォームはこちら
  • お電話・メールによるお問い合わせは、ソリューション・ラボがお受けします!

クライアント事例紹介

東芝自動機器システムサービス株式会社 様
オムロン株式会社 様
株式会社東急ハンズ 様
株式会社鶴見製作所 様 米子工場
日興ビジネスシステムズ株式会社 様
株式会社サイゼリヤ 様
全日本空輸株式会社 様
国分グローサーズチェーン株式会社 様
ロート製薬株式会社 様
株式会社アシックス 様
Page Top へ

ヤマトグループについて

ヤマトグループは、全国に宅急便ネットワークを展開するヤマト運輸(株)、データセンターを含む様々なITソリューションを開発・運用するヤマトシステム開発(株)、宅急便では運べない家電・家財や機械を運搬・セッティングするヤマトホームコンビニエンス(株)、国内外の物流アウトソーシングを強みとするヤマトロジスティクス(株)、決済サービスをご提供するヤマトフィナンシャル(株)など、「情報と物流と決済」にまたがるグループ企業の強みを集約することで、クライアント企業が抱える課題を全体最適の視点で解決するソリューション提供に取り組んでいます。

お電話でのご相談・お問い合わせは 0120-17-8010 まで 
受付時間: 9:00~18:00(土・日・祝日を除く)

このWebサイトからの
ご相談・お問い合わせはこちらから