物流最前線 [クライアント事例紹介] 
課題を解決したクライアント企業が自ら語る、物流改革の舞台裏とは?

PDFで印刷(全ページ)

沖縄・国際ロジスティクスセンター「パーツセンター」の活用 
社会インフラ機器の部品供給でコスト削減と配送の迅速化を実現 
東芝自動機器システムサービス株式会社 様


  • 00
  • 01
  • 02
  • 03
  • (前へ) 東芝自動機器システムサービス株式会社 様 事例TOP
  • (次へ) 多様な効率化を実現した「パーツセンター」

Chapter-01. 
急速に拡大するアジアでの社会インフラ機器の導入 
その部品供給体制をいかに構築するか

東芝自動機器システムサービス(以下、TASS)は、東芝グループが開発・販売している駅自動改札機や券売機などの駅務機器、高速道路料金所のETC、郵便物自動区分機、ID発行機、そして紙幣処理機などについて、国内での保守業務と、海外の保守会社への技術支援、交換部品の供給業務を担っている。海外のサポート国は北米、欧州、アジアなど20カ国におよぶ。

保守を担う機器は、いずれも公共機関を顧客とする特殊なものばかりだ。また、国によって仕様が異なるオーダーメイド機器が多い。例えば、紙幣処理機は紙幣の情報を読み取り判別するが、当然ながら各国で紙幣が異なるため、センシングのための部品の仕様が微妙に異なっている。

さらに東芝グループ内での事業再編もあり、TASSの保守範囲は年々拡大している。1979年の創業当時は駅務機器だけだったが、その後、保守機器が増加。結果、供給サポートする部品の点数も飛躍的に増加してきた。在庫が必要な交換部品点数は現在、2万種、76万点にまで達する。

TASSの滝澤靖司社長は、「とにかく多くの種類の部品を、多くのお客様に供給しています。機器はお客様ごとにカスタマイズされており、部品の疲労劣化の度合いも異なるために、どれほどの在庫が必要なのかも詳細に見極めておかなければなりません。そして何よりも、扱っている製品が社会生活に密接に絡むミッション・クリティカルなものばかりであるため、部品供給の遅滞はお客様に大きなダメージを与えてしまいます」と解説する。

TASSではかつて、欧州のお客様向けにいち早く部品を供給しようとオランダに倉庫を設けたが、維持コストがかさみうまく機能しなかった。供給する部品が増加すればするほど小口輸送のコストはかさみ、輸送手続きが煩雑化して迅速に届けられない事態が起きる。例えば欧州向けの輸送の場合、成田空港を利用すると3~4日はかかっていた。すぐに届けてほしいというお客様の要望に応えるために、TASSの社員自身が1枚の電子基板を手持ちで届けたこともあった。

滝澤社長は「私たちが扱っている社会インフラ機器は、今後、アジアを中心に急速に普及が進むと見られています。そうすれば当然ながら、当社が供給する部品の点数はさらに増加するでしょう。そうなった際に、部品を保管しておく倉庫を確保できるのか、事業採算から見て輸送コストを吸収できるのか、何よりもお客様に迅速にお届けできるのかという大きな課題に直面します。これに一刻も早く手を打たなければならないと頭を悩ませていました」と、事業課題について語った。


  • 00
  • 01
  • 02
  • 03
  • (前へ) 東芝自動機器システムサービス株式会社 様 事例TOP
  • (次へ) 多様な効率化を実現した「パーツセンター」
  • お電話でのご相談・お問い合わせは 0120-17-8010 まで
  • ご相談・お問い合わせ登録フォームはこちら
  • お電話・メールによるお問い合わせは、ソリューション・ラボがお受けします!

クライアント事例紹介

東芝自動機器システムサービス株式会社 様
オムロン株式会社 様
株式会社東急ハンズ 様
株式会社鶴見製作所 様 米子工場
日興ビジネスシステムズ株式会社 様
株式会社サイゼリヤ 様
全日本空輸株式会社 様
国分グローサーズチェーン株式会社 様
ロート製薬株式会社 様
株式会社アシックス 様
Page Top へ

ヤマトグループについて

ヤマトグループは、全国に宅急便ネットワークを展開するヤマト運輸(株)、データセンターを含む様々なITソリューションを開発・運用するヤマトシステム開発(株)、宅急便では運べない家電・家財や機械を運搬・セッティングするヤマトホームコンビニエンス(株)、国内外の物流アウトソーシングを強みとするヤマトロジスティクス(株)、決済サービスをご提供するヤマトフィナンシャル(株)など、「情報と物流と決済」にまたがるグループ企業の強みを集約することで、クライアント企業が抱える課題を全体最適の視点で解決するソリューション提供に取り組んでいます。

お電話でのご相談・お問い合わせは 0120-17-8010 まで 
受付時間: 9:00~18:00(土・日・祝日を除く)

このWebサイトからの
ご相談・お問い合わせはこちらから