最前線導入レポート:株式会社東急ハンズ 様

PDFで表示して印刷する

自社倉庫などの物流コストを大幅に削減。
さらに店舗の納品対応業務の負担を減らして、
接客サービスを向上

「バリュー・ネットワーキング」構想が、売上に直結する接客時間を創出

東急ハンズ様では、約4000のサプライヤーからの約50万個を超えるアイテムを個別に、自社倉庫を介してから各店舗へ納品していたため、倉庫費用などの物流コストと店舗での納品受け入れ・仕分け対応が負担となっていた。

そこでヤマトグループのソリューションを活用。自社倉庫ではなく物流過程で店舗フロアごとに仕分けたうえで、店舗へ一括納品するようにした。

これにより、自社倉庫費用などの物流コストの削減に成功。さらに、店舗での納品対応の業務負荷を減らし、スタッフがより接客・販売業務へ注力できる環境づくりも実現した。

改善前/改善後(イメージ図)


【課題】 
自社倉庫を経由したサプライヤーごとの納品が、コスト要因となり、店舗スタッフの接客時間も減らす

ソリューションのご紹介 
店舗納品の効率化ソリューション 
「バリュー・ネットワーキング」構想で、店舗納品を効率化 
コスト削減と欠品リスク抑制を両立。 
さらに接客業務への集中も可能に
くわしく見る

東急ハンズの従来の納品物流は、全国約4000社のサプライヤーが個別に東急ハンズの自社倉庫へ輸送、倉庫で店舗ごとに仕分けたうえで、各店舗へ再び個別に輸送する、3つの工程に分かれていた。

また、倉庫での荷受け・仕分け作業に加え、各店舗でも個別納品のたびに荷受け、検品、そして売り場フロア別の仕分け作業が発生していた。

従来の納品物流では、まず、自社倉庫の維持費用や、倉庫でサプライヤー各社からの個別納品のたびに荷受け作業費用などのコストが派生していた。

各店舗でも売り場フロア別の仕分け業務で店舗スタッフの作業時間を取られ、その分、接客・販売業務に専念できなくなることが課題となっていた。


【ソリューション】 
自社倉庫の代わりにヤマトグループの物流拠点を活用し、納品の流れを止めずに売り場フロアごとに仕分けて店舗へ

自社倉庫を用い、各サプライヤーごとに輸送する従来の納品物流に代わって、東急ハンズが利用した納品物流のソリューションのポイントは、大きく以下の3つ。

  • 自社倉庫の代わりに、ヤマトグループの物流拠点で、納品の流れを止めずに各店舗のフロアごとの仕分けまで行ったうえで、各店舗へ一括納品する。
  • 店舗への納品では、店舗ごとの事情に合わせて時間指定で必要な商品をまとめて配達。店舗側の負担が増えないように着荷回数を減らしながら、同時に欠品リスクを抑える。
  • サプライヤー個別納品に代わり、ヤマトグループの全国ネットワークを利用して集荷することで、販売・在庫状況に応じた小ロット・多頻度の調達を可能にする。

【メリット】 
自社倉庫の維持費用など、納品物流のコスト削減に成功

自社倉庫ではなくヤマトグループの物流拠点を活用して、荷受け・検品・仕分けなどの作業を行うことで、自社倉庫と倉庫での作業などを廃止。倉庫の維持費などの関連費用のコスト削減に成功した。

加えて、欠品リスクを抑えながら店舗への着荷回数を減らした効率的な物流を構築して、物流全体でのコスト削減でも効果を上げつつある。


【メリット】 
納品のバックヤード業務負担を減らし、接客時間を増やす

物流過程で事前に売り場フロア別の仕分けを行ったうえで店舗ごとに時間指定でまとめて配達。店舗側の負担とバックヤード業務に割かれる時間を削減したことで、店舗スタッフが接客業務に多くの時間を費やせるようになった。

スタッフが接客時間により多くの時間を使えるようになり、接客サービスと顧客満足度の向上が期待できる。


【まとめ】 
物流の改革でコスト削減し、さらにサービス向上へと波及する価値を付加

納品物流を効率化して大幅なコスト削減をしたうえ、加えて、顧客満足度、そして売上向上へと波及していく接客サービスの向上が、「バリュー・ネットワーキング」構想を活用して、東急ハンズが創出したバリューである。


関連情報
くわしく見る

物流に新たな価値を生み出し、日本経済の成長と豊かな社会の実現に貢献するをサポートします。

くわしく見る

「物流の最適化」で、ものづくりニッポンを支える「バリュー・ネットワーキング」構想とは


バリュー・ネットワーキング活用モデル

「バリュー・ネットワーキング」構想で、店舗納品を効率化

コスト削減と欠品リスク抑制を両立。さらに接客業務への集中も可能に

店舗納品の効率化ソリューション

くわしく見る

お電話でのご相談・お問い合わせは 0120-17-8010 まで ご相談・お問い合わせ登録フォームはこちら
メニューに戻る

PDFで表示して印刷する


Page Top へ

ヤマトグループについて

ヤマトグループは、全国に宅急便ネットワークを展開するヤマト運輸(株)、データセンターを含む様々なITソリューションを開発・運用するヤマトシステム開発(株)、宅急便では運べない家電・家財や機械を運搬・セッティングするヤマトホームコンビニエンス(株)、国内外の物流アウトソーシングを強みとするヤマトロジスティクス(株)、決済サービスをご提供するヤマトフィナンシャル(株)など、「情報と物流と決済」にまたがるグループ企業の強みを集約することで、クライアント企業が抱える課題を全体最適の視点で解決するソリューション提供に取り組んでいます。

お電話でのご相談・お問い合わせは 0120-17-8010 まで 
受付時間: 9:00~18:00(土・日・祝日を除く)

このWebサイトからの
ご相談・お問い合わせはこちらから