法人のお客様のご相談・お問い合わせは0120-17-8010(イーナ ヤマト)まで


ヤマトグループの解決力 [ソリューション紹介]

PDFで印刷(全ページ)

モノの流れを「見える化」して全体最適を実現 
「見える化」ソリューション

在庫の削減やジャスト・イン・タイム(JIT)生産・配送を推進

原材料の仕入れから、生産、配送まで、すべての工程で“モノの流れ”を正確に把握すれば、在庫の削減、ジャスト・イン・タイム(JIT)生産・配送などが可能になり、トータルの物流コストは大幅に削減できる。ヤマトシステム開発を中心とするヤマトグループはITを活用し、従来は工場や物流センターなど個別に管理していたモノの流れを、統合して「見える化」するソリューションを提供している。 
(取材・編集 日経BPコンサルティング)

Chapter-01.

拠点ごとの情報化では、全体最適は不可能 
サプライチェーン全体を可視化して、トータルで管理

ほとんどの企業の物流システムの問題点として、工場や配送センターなど拠点ごとにシステムを導入して個別管理していることがあげられる。拠点ごとに情報化しても部分最適しか実現できず、企業としての全体最適は達成できない。しかし、原材料の調達から、生産、配送まで、一連の“モノの流れ”を可視化してトータルで管理すれば、在庫削減などに大きく寄与することができる。

工場が生産管理システムを導入して生産効率を向上し、コスト削減していても、物流センターにどれだけ在庫があるかを把握しないまま生産計画を立ててしまえば、結果的に過剰在庫を招き、生産コスト削減効果は吹っ飛んでしまう。また物流センターが地域ごとに複数ある場合、個別センターごとでしか製品の管理をしていないと、別のセンターには在庫があるのに、在庫がなくなったからと工場に生産依頼を出してしまうことになりかねない。

こうした問題を解決するのに有効なのが、ヤマトグループの「見える化」ソリューションだ。このソリューションを導入すれば、サプライチェーン全体の流通在庫を正確に把握でき、全体最適を実現できる。

さらに、システムをヤマトグループの荷物追跡システムとつなぐことで、配送先の企業や個人に届くまでのモノの流れを管理することが可能になる。そうすれば、ジャスト・イン・タイム(JIT)配送や製品のトレースも可能になり、物流サービスは大きく向上する。


  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • (前へ) その他の注目ソリューションに戻る
  • (次へ) クラウド型で物流情報システムの導入コストを削減

ヤマトグループの最新事例情報をお知らせ 
メルマガ登録はこちら


<「見える化」ソリューション> 
モノの流れを「見える化」して全体最適を実現

  • Chapter-01. 
拠点ごとの情報化では、全体最適は不可能
  • Chapter-02. 
クラウド型で物流情報システムの導入コストを削減
  • Chapter-03. 
ソリューション導入により、先入れ先出しが徹底
  • Chapter-04. 
「見える化」ソリューションを活用してネット卸事業
  • Chapter-05. 
安全性を担保するヤマトグループのデータセンター

お電話でのご相談・お問い合わせは 0120-17-8010 まで

ヤマトグループの解決力【ソリューション紹介】

通販事業を成功させたい 販路を拡大したい アフターサービスを
高度化させたい
海外との取引を
よりスムーズに行いたい
リコールに対応したい 物流を効率化したい 重要情報を保守したい 「バリュー・ネットワーキング」構想 最新ソリューション
Page Top へ