ヤマトグループの解決力 [ソリューション紹介]

PDFで印刷(全ページ)

アジアに広がる宅急便網 
「宅急便アジアネットワーク」ソリューション

日本企業の進出を強力にサポート

ヤマトグループは、2010年1月に上海とシンガポールで宅急便事業を開始した。2011年2月には香港、同9月にはマレーシアでもスタートした。訓練されたセールスドライバーのマナーの高さに加えて、日本と同様のサービスを導入したことにより、現地での評判は上々だ。信頼が置ける物流網が整備されたことを受け、新市場開拓を狙う日本企業は続々と利用を開始している。ヤマトグループでは今後、東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国などへとアジアネットワークを広域化し、日本企業の商圏拡大を強力にサポートしていく。 
(取材・編集 日経BPコンサルティング)

Chapter-01.

海外でも宅急便は高い顧客満足度を獲得 
トータルで配送コストを削減

ヤマトグループは、上海、シンガポールを皮切りに東アジアでも日本と同じレベルの宅急便サービスを提供する体制の構築に取り組んでいる。今後は、通販事業者をはじめとした日本企業が東アジアで展開する様々なビジネスに対しても、信頼の置ける物流システム網を提供してサポートしていく予定だ。

2010年1月から開始したのが、上海とシンガポールでの宅急便事業。日本と同様に、ユニホームを着たセールスドライバー(SD)の運転する車両が、上海とシンガポールを走り回っている。さらに2011年2月には、香港、同9月にはマレーシアでも宅急便事業を開始した。

日本と同様に「宅急便コレクト」「クール宅急便」「時間帯お届けサービス」など、現地の運送会社がほとんど導入していないサービスも提供している。

また、これらのサービスに加え、SDのマナーの良さでも上海やシンガポールで高い評価を受けている。上海の配送会社を使い現地の消費者向けに通販で製品を販売していた日本の企業が、宅急便をテスト利用した際に、配送サービスに対するアンケートを実施した。その結果、94%の消費者が『配送スピードが速い』、98%の消費者が『サービス・接客が良い』と回答した。荷物を届けたSDが丁寧に発する「ありがとうございました」という言葉に、多くの上海市民が驚き、好印象を抱いたそうだ。

効果はそれだけではない。宅急便に切り替えることで消費者から寄せられる配送問い合わせが激減する企業も多い。問い合わせの都度、配送業者に連絡する煩わしさが減り、作業効率も大幅に改善する。つまり、大きなコスト削減効果も期待できるのだ。


  • 01
  • 02
  • 03
  • (前へ) その他の注目ソリューションに戻る
  • (次へ) ヤマトグループの東アジアネットワークが生む新たなビジネス

ヤマトグループの最新事例情報をお知らせ 
メルマガ登録はこちら


<「宅急便アジアネットワーク」ソリューション> 
アジアに広がる宅急便網

  • Chapter-01. 
海外でも宅急便は高い顧客満足度を獲得
  • Chapter-02. 
ヤマトグループの東アジアネットワークが生む新たなビジネス
  • Chapter-03. 
将来は中国沿岸部やASEAN諸国に拡張

お電話でのご相談・お問い合わせは 0120-17-8010 まで

ヤマトグループの解決力【ソリューション紹介】

通販事業を成功させたい 販路を拡大したい アフターサービスを
高度化させたい
海外との取引を
よりスムーズに行いたい
リコールに対応したい 物流を効率化したい 重要情報を保守したい 「バリュー・ネットワーキング」構想 最新ソリューション
Page Top へ

ヤマトグループについて

ヤマトグループは、全国に宅急便ネットワークを展開するヤマト運輸(株)、データセンターを含む様々なITソリューションを開発・運用するヤマトシステム開発(株)、宅急便では運べない家電・家財や機械を運搬・セッティングするヤマトホームコンビニエンス(株)、国内外の物流アウトソーシングを強みとするヤマトロジスティクス(株)、決済サービスをご提供するヤマトフィナンシャル(株)など、「情報と物流と決済」にまたがるグループ企業の強みを集約することで、クライアント企業が抱える課題を全体最適の視点で解決するソリューション提供に取り組んでいます。

お電話でのご相談・お問い合わせは 0120-17-8010 まで 
受付時間: 9:00~18:00(土・日・祝日を除く)

このWebサイトからの
ご相談・お問い合わせはこちらから