ヤマトグループの解決力 [ソリューション紹介]

PDFで印刷(全ページ)

顧客の個別ニーズに対応したダイレクトメールを発送 
「ワン・トゥ・ワンDM」ソリューション

レスポンスの向上とコスト削減を両立

ダイレクトメール(DM)やカタログ通販などのヒット率の低さに悩んでいる企業は多い。興味や関心の異なる人たちに、一律に同じ販促物を送っても、なかなか封を切ってくれない。事前アンケートや過去の購買履歴から見える当人の嗜好・タイプに基づいて、個人個人が興味を引くような販促物に仕立てて届けることで、レスポンスを向上させる。それがヤマトグループの「ワン・トゥ・ワンDM」ソリューションだ。 
(取材・編集 日経BPコンサルティング)

Chapter-01.

「あなたのためだけのDM」をクロネコDM便で発送 
23種類から顧客に必要な内容物を選んでセット

ヤマトパッキングサービス(YPC)の埼玉工場には、クロネコDM便で発送する書類や販促品をセットするための大規模な自動封入ラインがある。ダイレクトメール(DM)をビジネスに利用している出版社や通販事業者、顧客に定期的に会報誌を送っている企業などのニーズに合わせ、一度に複数の内容物をフィルムラッピングする機械だ。

埼玉工場にはこの封入ラインが全部で4本ある。そして、そのうち3本は、23種類までの内容物を顧客一人ひとりの要望に応じて自在に組み合わせられる「セレクティブ封入」という機能を有している。この機能を使えば、性別や年齢別などに応じて、顧客層のニーズにきめ細かく対応して内容物を変えたDMに仕立てることが可能になる。いわば、顧客個人個人に「あなたのためだけのDM」を送ることができるわけだ。DMのレスポンスの低さに悩んでいる企業は少なくないが、その改善の決め手の1つがセレクティブ封入機能と言えるだろう。

大量のクロネコDM便それぞれに、23種類の内容物の中から必要なものだけを選んでセットする。その作業を人手でこなそうとしたら、膨大な時間と手間を要し、当然コストもかかる。このため従来は、内容物の封入パターンを地域別に設定し、地域別に内容物をそっくり変えて封入・発送するといった対応が限界だった。しかし、YPCのセレクティブ封入機能を利用すれば、この複雑な作業を1時間に最大6500通までこなすことが可能だ。

住宅メーカーA社は、広告チラシを同梱した会報誌の封入作業に、このセレクティブ封入機能を活用することで、DMの広告レスポンスを2.3倍に向上させると同時に、広告チラシの印刷コストを約30%削減することに成功した。

A社はそれまで、同社の住宅を購入した全国のすべての顧客に対し、リフォームやメンテナンスに関する同一の案内チラシを会報誌に同梱して送付していた。しかし、顧客が必要とするリフォームやメンテナンス情報は住宅の築年数により異なるし、地域差もある。

それに気づいたA社は、セレクティブ封入機能を用いて、築年数や地域ごとに顧客をセグメント化し、必要な案内チラシのみを同梱した会報誌を送付するやり方に変更した。それが、必要とする人に必要とする情報を届けることにつながり、会報誌を開封する顧客が増え、レスポンスの向上をもたらしたわけだ。さらに、不要な広告チラシを送付しなくなったことから、広告チラシの印刷コストも大幅に削減でき、DMの費用対効果向上につながった。

セレクティブ封入機能を使えば業種・業態を問わず非常に効率のいい販促活動が可能になるばかりでなく、余計な販促物を管理するために費やしていたコストの削減にもつながる。


  • 01
  • 02
  • 03
  • (前へ) その他の注目ソリューションに戻る
  • (次へ) 大手通販事業者B社からの要請で導入を決断

ヤマトグループの最新事例情報をお知らせ 
メルマガ登録はこちら


<「ワン・トゥ・ワンDM」ソリューション> 
顧客の個別ニーズに対応したダイレクトメールを発送

  • Chapter-01. 
「あなたのためだけのDM」をクロネコDM便で発送
  • Chapter-02. 
大手通販事業者B社からの要請で導入を決断
  • Chapter-03. 
DMに商品サンプルも同梱可能

お電話でのご相談・お問い合わせは 0120-17-8010 まで

ヤマトグループの解決力【ソリューション紹介】

通販事業を成功させたい 販路を拡大したい アフターサービスを
高度化させたい
海外との取引を
よりスムーズに行いたい
リコールに対応したい 物流を効率化したい 重要情報を保守したい 「バリュー・ネットワーキング」構想 最新ソリューション
Page Top へ

ヤマトグループについて

ヤマトグループは、全国に宅急便ネットワークを展開するヤマト運輸(株)、データセンターを含む様々なITソリューションを開発・運用するヤマトシステム開発(株)、宅急便では運べない家電・家財や機械を運搬・セッティングするヤマトホームコンビニエンス(株)、国内外の物流アウトソーシングを強みとするヤマトロジスティクス(株)、決済サービスをご提供するヤマトフィナンシャル(株)など、「情報と物流と決済」にまたがるグループ企業の強みを集約することで、クライアント企業が抱える課題を全体最適の視点で解決するソリューション提供に取り組んでいます。

お電話でのご相談・お問い合わせは 0120-17-8010 まで 
受付時間: 9:00~18:00(土・日・祝日を除く)

このWebサイトからの
ご相談・お問い合わせはこちらから