ヤマトグループの解決力 [ソリューション紹介]

PDFで印刷(全ページ)

顧客の個別ニーズに対応したダイレクトメールを発送 
「ワン・トゥ・ワンDM」ソリューション

レスポンスの向上とコスト削減を両立

ダイレクトメール(DM)やカタログ通販などのヒット率の低さに悩んでいる企業は多い。興味や関心の異なる人たちに、一律に同じ販促物を送っても、なかなか封を切ってくれない。事前アンケートや過去の購買履歴から見える当人の嗜好・タイプに基づいて、個人個人が興味を引くような販促物に仕立てて届けることで、レスポンスを向上させる。それがヤマトグループの「ワン・トゥ・ワンDM」ソリューションだ。 
(取材・編集 日経BPコンサルティング)

Chapter-03.

DMに商品サンプルも同梱可能 
約10社が「ワン・トゥ・ワンDM」ソリューションを利用

Photo

埼玉工場のラインには、DMの開封率やレスポンスを高めるもう1つの仕掛けが施されている。23種類の内容物をセットする機械のうち5カ所に設置した「サンプルフィーダー」と呼ばれる特殊な装置がそれだ。

サンプルフィーダーはクロネコDM便で送る会報誌や販促物に“おまけ”をつけられる装置だ。縦横15cm四方のものなら、多少制約は受けるがクロネコDM便にセットできる。従来は紙媒体しか送れなかった会報誌や販促物におまけをつけることで、顧客に開封をうながし、さらにサンプルを利用して商品の特徴を理解してもらえれば、レスポンスの向上が期待できる。現在では、通販事業者が商品のサンプルなどを同梱するために使っている。

サンプルフィーダーもB社の要請に応じて導入したものだ。埼玉工場稼働時から3台を設置していたが、セレクティブ封入機能の追加に合わせて、5台に増強した。

当時B社は、ユーザーの年齢層や購入履歴などに応じて同封するサンプルも変えることで、開封率やレスポンスの向上を目指していた。いわば、サンプルフィーダーにもセレクティブ封入機能を求めていたわけだ。

当初YPCは、特例として手作業で対応することを考えていた。ところが実際に埼玉工場が受託して稼働すると、それではB社の要望を満たすのは難しく、サンプルフィーダーも3台から5台に増強したうえで、セレクティブ封入に対応することにした。その後、B社は毎回のようにユーザーの年齢層や購入履歴などに応じた商品のサンプルを同梱するようになっており、その効果に手応えを感じているようだ。

YPCの「ワン・トゥ・ワンDM」ソリューションを利用する企業は、既に10社ほどにのぼっており、その業種も通販事業者、住宅メーカー、出版社、通信事業者など多岐にわたっている。YPCが利用料金を既存のものと同等としていることもあって、こうした企業はいずれも品質とコストの両面でメリットを享受できているという。

さらに、単に封入するだけにとどまらず、冊子など媒体の印刷まで頼めないのかといった相談までYPCに寄せられている。ヤマトグループでは今後検討を重ねて、印刷や製品の代金回収といったクロネコDM便封入の前後のプロセスまで視野に入れながらビジネスモデルを高めていくことを目指している。

(掲載内容は取材時のものです)


  • 01
  • 02
  • 03
  • (前へ) 大手通販事業者B社からの要請で導入を決断
  • お電話でのご相談・お問い合わせは 0120-17-8010 まで
  • ご相談・お問い合わせ登録フォームはこちら
  • お電話・メールによるお問い合わせは、ソリューション・ラボがお受けします!

<「ワン・トゥ・ワンDM」ソリューション> 
顧客の個別ニーズに対応したダイレクトメールを発送

  • Chapter-01. 
「あなたのためだけのDM」をクロネコDM便で発送
  • Chapter-02. 
大手通販事業者B社からの要請で導入を決断
  • Chapter-03. 
DMに商品サンプルも同梱可能

お電話でのご相談・お問い合わせは 0120-17-8010 まで

ヤマトグループの解決力【ソリューション紹介】

通販事業を成功させたい 販路を拡大したい アフターサービスを
高度化させたい
海外との取引を
よりスムーズに行いたい
リコールに対応したい 物流を効率化したい 重要情報を保守したい 「バリュー・ネットワーキング」構想 最新ソリューション
Page Top へ

ヤマトグループについて

ヤマトグループは、全国に宅急便ネットワークを展開するヤマト運輸(株)、データセンターを含む様々なITソリューションを開発・運用するヤマトシステム開発(株)、宅急便では運べない家電・家財や機械を運搬・セッティングするヤマトホームコンビニエンス(株)、国内外の物流アウトソーシングを強みとするヤマトロジスティクス(株)、決済サービスをご提供するヤマトフィナンシャル(株)など、「情報と物流と決済」にまたがるグループ企業の強みを集約することで、クライアント企業が抱える課題を全体最適の視点で解決するソリューション提供に取り組んでいます。

お電話でのご相談・お問い合わせは 0120-17-8010 まで 
受付時間: 9:00~18:00(土・日・祝日を除く)

このWebサイトからの
ご相談・お問い合わせはこちらから