「バリュー・ネットワーキング」構想 
緊急パーツロジ2hサービス 
[情報改革] [物流改革]

解決するビジネス課題

PDFで表示して印刷する

コストをかけずにサービス品質を向上

24時間365日対応の緊急配送サービスで
日本全国2時間以内のお届けを実現(一部地域を除く)


課題:修理および復旧の遅れ・顧客満足度低下

緊急修理に必要なパーツがすぐに揃わず、修理・復旧が遅くなる

改善前: 
保管場所を経由して故障発生現場へ行くため、到着までに時間がかかる 
保守パーツが手元にないので、故障発生現場へ直行できない
詳細を見る

通信・ネットワーク企業の設備や24時間稼働する工場の機械が故障すると、社会や事業は大きな影響を受けます。そのため、できる限り早い修理・復旧が求められます。

しかし、たとえ修理要員がすぐに動けたとしても、修理に必要な保守パーツがなければ修理はできません。保管場所を経由しパーツを揃えてから修理現場へ行くと到着時間はその分遅くなり、修理・復旧も遅れます。

詳細を閉じる

問題点

  • 保守する設備の近隣に保守パーツが保管されていない
  • 故障発生時に必要な保守パーツの在庫がない
  • 修理要員の待機場所にすべての保守パーツの在庫を置くスペースがない

改善 
[修理・復旧速度向上] [顧客満足度向上] [全国展開]

故障発生の連絡後、最短2時間以内に保守パーツを修理現場へ配送。
修理・復旧が早まり顧客満足度向上

改善後: 
最短2時間以内に保守パーツをお届け! 
故障発生場所へ直行!
詳細を見る

24時間365日、いつでもヤマトグループのコールセンターへ連絡すれば、すぐに配送を手配。故障発生の連絡から最短2時間以内に保守パーツを修理現場へお届けします(一部地域を除く)。修理要員は現場へ直行してすぐに修理・復旧作業を開始できます。

保守パーツを保管できる拠点は、全国に100カ所以上あります。もしもお客様の現場(故障発生現場)近くに拠点がなければ、すぐに開設します。

詳細を閉じる

改善点

  • 24時間365日、最短2時間以内に保守パーツを現場まで配送可能
  • 修理開始が早まり故障したシステム・機械の復旧も早まる

課題:運営コスト増加・在庫量増加

人員、保守パーツ、コールセンターなど、
緊急対応のための体制構築・運営に時間とコストがかかる

改善前: 
全国各地に修理要員と保守パーツを配置 
24時間対応のコールセンターを運営 
→運営コスト増・在庫量増
詳細を見る

緊急の修理対応には修理要員と保守パーツが必要です。いつどこで起こるかわからない故障に備えるには、この2つを全国各地に準備しておく必要があります。しかし、それには在庫量の増加と大きなコスト負担が伴います。

保守パーツには非常に高価なものもあり、多数の在庫を持つのは困難です。また、緊急の修理要請を受け付けるコールセンターは、24時間稼働する必要があり、ここでも大きなコストがかかります。

詳細を閉じる

問題点

  • 緊急対応時の体制構築、保守パーツの確保や在庫管理ができていない
  • 緊急の修理要請を受け付けるコールセンターの構築・運営ができていない

改善 
[最少在庫の実現] [コスト削減] [人員効率向上]

保守パーツの最少在庫実現と
専用コールセンターの活用でコストを削減

改善後: 
ヤマトグループのコールセンターは24時間365日稼働! 
一元管理するデータをもとに素早く保守パーツを手配 
ヤマトグループのメインパーツセンターで保守パーツの在庫を一括管理! 
サテライトパーツセンターで必要な保守パーツのみを補充。 
最少在庫を実現!
詳細を見る

ヤマトグループのパーツセンターに保守パーツを集約し、そこから適宜全国のサテライトパーツセンターへ必要量を補充します。全国の保守拠点の在庫状況を常に把握・管理することで、適正な在庫数を維持し、コストを抑えます。

また、24時間365日稼働している専用コールセンターが利用可能。自社でコールセンターを構築し、運営する必要はありません。

修理依頼の手続きや保守パーツの管理業務を行っていた社員は、営業、販売、保守などの本来の業務に注力でき、在庫や人員にかかるコストを大幅に削減します。また、変動費化による柔軟なコストコントロールも可能です。

詳細を閉じる

改善点

  • 保守パーツの集約管理で最少在庫を実現
  • ヤマトグループのコールセンターを活用して運営コストを削減

課題:導入準備期間の長期化・導入コスト増加

保管・配送に関するシステム構築・運営の外部委託に、
長い準備期間と大きなコストがかかる

改善前: 
保守パーツ保管と配送の委託には、必要な設備の選定やシステムの構築などがあり、導入までにコストと時間がかかる!
詳細を見る

保守パーツの保管やデータ管理、コールセンター業務を外部に委託するには、システムや業務フロー、保管倉庫などの体制構築が必要です。専用システムの開発や細かいフローの擦り合わせには長い準備期間がかかり、導入コストも加算されます。このため、外部委託のハードルは高くなりがちです。

また、1~2カ所だけ緊急対応できる保管拠点を用意したい、といった小規模な要望に、外部事業者では対応できないこともあります。

詳細を閉じる

問題点

  • 業務と在庫を管理するシステムの開発に時間とコストがかかる
  • 業務フローの策定と保管倉庫の確保が困難
  • システム管理などの固定費が常に発生する

改善 
[導入準備期間削減] [導入コスト削減] [柔軟な体制構築]

システム、拠点、コールセンターのパッケージ化で、
準備期間とコストを抑制。保管・配送の外部委託を短期間で実現

改善後: 
ヤマトグループなら保守パーツ保管・配送委託に必要なシステムをパッケージで無償提供! 
パッケージ提供だから業務フローを一から作る必要はなし! 
ヤマトグループのメインパーツセンターで保守パーツの在庫を一括管理!
詳細を見る

ヤマトグループは、必要なサービスを絞り込み、パッケージ化して提供しています。

データ管理には、必要な機能を備えた専用のクラウドシステムを提供します。このため、システム開発期間・コストは不要。配送や在庫保管場所にはヤマトグループの物流網や設備を活用するので、すぐにサービスの運用を開始できます。保守パーツ保管には専用のボックスを使用。規模の大小を問わずに柔軟な対応ができるうえ、品質管理とセキュリティーも万全です。

ヤマトグループの設備やサービスを活かすことで、自社の人手や資源を極力使わずに、様々な場所・形態・量に柔軟に対応できる「クラウド型のネットワーク」を構築します。

詳細を閉じる

改善点

  • データ管理システムの開発期間・コストを削減
  • 外部委託を行うための導入コストを圧縮
  • 小規模なものから大規模なものまで、規模に合わせた体制を構築

メリットまとめ

コストを抑えながら、いつでもすぐに動ける修理体制を構築

修理要員がすぐに修理・復旧作業にかかれる体制を整える「緊急パーツロジ2hサービス」は、コストを抑えながらアフターサポートサービスの品質と顧客満足度を向上します。短期間で、事業規模に合わせた柔軟な体制を構築することができます。
ヤマトグループが提携するサテライトパーツセンターは、すべて国土交通省の倉庫業登録済みの確かな事業者。高額なパーツも安心して預けられます。
また、メインパーツセンターやその他のヤマトグループの拠点では、お預かりする機器の検査・設定作業やキッティング作業(コンピュータや周辺機器、ネットワーク機器などの組み立てや配置・配線、OSや必要なソフトウェアのインストール、各種設定などを行う導入作業)も行っています。

関連するサービスも
お気軽にお問い合わせください。

  • 羽田クロノゲート
  • 検査・設定作業
  • キッティング作業
  • クリーニング作業
  • 故障品修理作業
  • 再生部品の取り出し作業

PDFで印刷するにはPDFで表示して印刷する
メニューに戻る

すべての業務効率化を考えあぐねている企業様、
ぜひ一度、ヤマトグループのソリューション・ラボにご相談ください。
ご一緒にヒントと解決策を考え抜きます。

ご相談・お問い合わせ登録フォームはこちら


ヤマトグループの解決力【ソリューション紹介】

通販事業を成功させたい 販路を拡大したい アフターサービスを
高度化させたい
海外との取引を
よりスムーズに行いたい
リコールに対応したい 物流を効率化したい 重要情報を保守したい 「バリュー・ネットワーキング」構想 最新ソリューション
Page Top へ

ヤマトグループについて

ヤマトグループは、全国に宅急便ネットワークを展開するヤマト運輸(株)、データセンターを含む様々なITソリューションを開発・運用するヤマトシステム開発(株)、宅急便では運べない家電・家財や機械を運搬・セッティングするヤマトホームコンビニエンス(株)、国内外の物流アウトソーシングを強みとするヤマトロジスティクス(株)、決済サービスをご提供するヤマトフィナンシャル(株)など、「情報と物流と決済」にまたがるグループ企業の強みを集約することで、クライアント企業が抱える課題を全体最適の視点で解決するソリューション提供に取り組んでいます。

お電話でのご相談・お問い合わせは 0120-17-8010 まで 
受付時間: 9:00~18:00(土・日・祝日を除く)

このWebサイトからの
ご相談・お問い合わせはこちらから